治療にかかる費用
@検査 ※月経5日目以内、排卵日頃、黄体期頃など時期に応じた検査があります 【 】は検査時期の目安
 
1回に必要な費用
内容
通院数

基本検査
初診日から
1〜2ヶ月で
済ませましょう

女性
保険適用 数千円〜

※自費(右記参照)
経膣超音波検査 → 保険適用
 ・基本的な子宮・卵巣の状態の確認
 ・排卵日の予測
 ・黄体期のチェック
 
血液検査(ホルモン等検査) → 保険適用
 ・LH・FSH・PRL【月経5日目以内】
 ・クラミジア抗体IgG・IgA
 ・CA-125
 ・E2・P
血液検査(感染症検査) → 4680円(※自費)
 ・B型肝炎、C型肝炎、HIV、梅毒
血液検査(抗精子抗体) → 7560円(※自費)
 ・精子を抗原とする免疫反応を調べる
血液検査(AMH) → 5400円(※自費)
 ・卵巣予備能を調べる、当院では35歳以上の方が対象
 
子宮卵管造影検査(レントゲン検査) → 保険適用 5000円
 ・レントゲン検査【月経直後から排卵までの間】
1ヶ月に
数回
男性
※自費(右記参照)
血液検査(感染症検査) → 4860円(※自費)
 ・B型肝炎、C型肝炎、HIV、梅毒
 
精液検査 → 5400円(※自費)
 ・必要があれば泌尿器科へ紹介

A治療
 
1周期の治療に必要な費用
内容
1周期の治療に必要な通院数

タイミング療法
半年位が目安です

保険適用 数千円〜
超音波検査で排卵日を予測し、自然妊娠を目指す
排卵日前後を含め
2〜3回
<その他ステップアップの方法> 通水検査 → 保険適用 約1000円
 ・卵管の通過性を調べる【月経直後から排卵までの間】
過排卵刺激(排卵誘発剤) → 保険適用 経口薬 約1000円
                 → 保険適用 注射薬 1本 約1000円
 ・経口薬・注射薬共に月経3〜5日目より開始
 ・複数個の卵を排卵させることを目的とした治療   などがある
 
1周期の治療に必要な費用
内容
1周期の治療に必要な通院数

人工授精
5回位が目安です

人工授精代 19,440円

排卵日の予測等は保険適用
細いチューブを用いて、選別した運動精子を子宮内に送り込む
精液の調整に約1時間かかる
排卵日前後を含め
3〜4回
排卵誘発剤を使用する事もある
排卵誘発剤を
使用する場合
通院回数は増える
<次のステップに進む前に> ・分からないことがあれば培養士外来などで
 詳しい話を聞くことが可能です “予約制”
・体外受精・顕微授精に進む前には医師よりご夫婦に
 内容・料金等について外来終了後詳しく説明がございます “予約制”
 
1周期の治療に必要な費用
内容
1周期の治療に必要な通院数

体外授精・顕微授精
胚移植

自費 約30〜50万円

受精卵の管理に
2万円/年

※公的助成金が適用される
(条件・制限あり)
体外で受精させた受精卵(胚)を子宮内に移植する
凍結胚ができた場合下記の凍結-融解胚移植が可能となる
10〜15回
 
1周期の治療に必要な費用
内容
1周期の治療に必要な通院数
凍結-融解胚移植
自費 約15〜20万円

※公的助成金が適用される
(条件・制限あり)
凍結胚を融解し子宮内に移植する
4〜6回

※公的助成金を受けるにはいくつか条件がございますので、詳しくは徳島県のホームページにてご確認ください。
 → 徳島県不妊治療費助成制度について(徳島県)